shumiya art window

トップ>shumiya art window

アートは敷居が高い。そう思っている人は多い。
地域差、個人差はあるだろうが、山梨県においてもまだまだそのような感覚の人が多数だと言えよう。

「shumiya art window」は、甲府の中心商店街の一角にある「朱宮神仏具店」の店舗内ウィンドウを利用して、新しいアートの発信を目指す。そこに繰り広げられるアートは、甲府をはじめ山梨県民や山梨を訪れる人々に「新たな気づきを与えたい」という意図で展示計画を行っていく。

すぐに変化はないかもしれないが、アートによる問いかけを街に与え続けることで新たなムーブメントとなることを信じている。

shumiya art window ディレクター
井坂健一郎

ごあいさつGreetings

甲州に根を下ろして130余年。ご先祖様を大切にする心をカタチで表し、
日本人の豊かな心を今に伝え、未来に伝えるお手伝いをしてまいりました。

目で見ることが出来ない、人の心、人の想いをアートにより、皆様に見て頂くことが出来る
【shumiya art window】を朱宮神仏具店の本店に設けることが出来ました。
柳町の小さな店舗より、甲府・山梨・日本の皆様に心と想いを見て頂き、豊かな心を感じて頂きたいと思っております。

株式会社 朱宮神仏具店
代表 朱宮 英史

コンセプト- Concept -

祈りの形

作品解説

和紙を手のひらで「撚り」、漆をほどこす作品を多く手がけてきました。「撚る」ことで日本の風土から生まれた和紙や漆から力をいただき、「撚る」ことによって作品の中に自らの「気」を込めていきます。手のひらで「撚る」という行為は「祈る」姿勢にも似ています。そうした制作の中で、「ムスビ」という響きが立ち現れました。日本神話の中に天地創造に携わったとされる3人の神がいます。名前を「天御中主神(アメノミナカヌシ)」「高御産巣日神(タカミムスビノカミ)」「神産巣日神(カミムスビノカミ)」と言います。「天御中主神」は霊的な力のある場所そのものをあらわし、「高御産巣日神」と「神産巣日神」は 創造を生みだす力を与えてくれる存在だと言われます。「ムスビ」という響きを耳にしたとき、日本人は心の奥深くにしまわれている「祈り」の記憶を呼び覚まされ、深い世界にいざなわれるのではないでしょうか。

アーティスト紹介- Artist profile -

いらはらみつみMitsumi Irahara

1972年生まれ
神奈川県鎌倉育ち

2001年
東京芸術大学美術研究科漆芸専攻修了
 

展覧会

個展

2001
個展(銀座・ギャルリプス)
2003
旺山開天祭(韓国)野外展示
2007
Japan &Korea 漆 art exhibition(東京芸大美術館)
2010~2018
会津・漆の芸術祭(福島県会津若松市/三島町)
2012
漆うるわしの饗宴展 ‐ 世界の女性作家による漆表現の現在(東京・福島・京都)
2016
アジア漆工芸交流プログラム ( ベトナム国立美術博物館 )
2018
中日韓民間漆芸術激清展 ( 中国福建省海峡民間芸術館 )
2019
アジア漆工芸交流プログラム ( カンボジア )
座の会(東京大崎O美術館 )
CONTEMPORARY ART Korea and Japan( 韓国ソウル )
台湾×日本 漆交流展 漆美探訪 vol.2 THE URUSHI EXHIBITION ザ・うるし展
(FEI ARTMUSEUM 横浜 )
亞太漆芸 X 地方創生論壇 ( 台湾 )
現代美術日韓展(韓国)
会津・漆の芸術祭(会津若松市各所)
2020
KAJIMA彫刻コンクール(東京 鹿島 KI ビル アトリウム)

その他個展 グループ展多数

受賞歴

2001
サロンドプランタン賞受賞
2001
国際漆デザイン展奨励賞
2005
国際漆展銀賞受賞
2020
KAJIMA彫刻コンクール模型入選

出版物

2015
誠文堂新光社・書籍『ゼロからの金継ぎ入門』

過去の展示作品を見る- shumiya art window Archive -

朱宮神仏具店 甲府本店2F ショーウィンドウにて展示中

甲府本店のご紹介

最新情報を Facebook で更新中

shumiya art window directorshumiya art window ディレクター

井坂 健一郎KEN-ICHIRO ISAKA

1966 年生まれ

  • 1991 年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
  • 1995 年筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻 修了
  • 1999 年筑波大学大学院博士課程芸術学研究科芸術学専攻 単位修得満期退学
  • 2010 年公益信託 大木記念美術作家助成基金 授与
  • 現在国立大学法人 山梨大学大学院 教授(絵画・インスタレーション)

主な個展(2000 年以降)

  • 2000 年井坂健一郎 “ANOTHER FACE”(秋山画廊, 東京)
  • 2007 年井坂健一郎 “ALLUSION- 闇の中で”(秋山画廊, 東京)
  • 2009 年井坂健一郎 “ANOTHER FACE”(ギャルリー志門, 東京)
  • 2010 年井坂健一郎展 “風が散らした時間”(銀座三越, 東京) 井坂健一郎展 “光がにじむ時間”(ギャルリー志門, 東京)
  • 2011 年井坂健一郎展 “Zero Point Field”「零外零」
    (山梨県立美術館, 山梨)
    井坂健一郎展 “Zero Point Field”「零外零」(銀座三越, 東京)
  • 2014 年井坂健一郎 “Revelation- ゆらぐ時間”
    (ギャルリー志門, 東京)
  • 2015 年井坂健一郎展 “水と風がさわぐ時”(銀座かわうそ画廊, 東京)
  • 2016 年井坂健一郎展 “空に結ばれる”(銀座かわうそ画廊, 東京)
  • 2017 年井坂健一郎展“間にたゆたう”(ギャルリー志門, 東京)
  • 2018 年井坂健一郎展“玉響のかをり”
    (伊勢丹新宿店 アートギャラリー, 東京)

主なグループ展(2000 年以降)

  • 2003 年鏡像として(ウエストベスギャラリーコヅカ, 名古屋) 第8 回 旺山開天國際文化藝術祭
    (旺山造形研究所, 江陵〈大韓民国〉)
  • 2006 年進化する芸術家たち展
    (アートガイア河口湖ミュージアム, 山梨)
  • 2007 年鏡像として 2007(ヴォイス?ギャラリー w, 京都)
  • 2008 年福島現代美術ビエンナーレ2008(福島県文化センター, 福島)
  • 2010 年RE-VISION~循環する美術(プランタン銀座, 東京) 街のアート展「蘇生する空間」(文化庁主催)(旧JR ビル, 山梨)
  • 2013 年SNIFF OUT 2013(インテックス大阪, 大阪)
  • 2016 年う・つ・ろ・ひ-真行草(元麻布ギャラリー甲府, 山梨)
  • 2017 年Cross Point(ギャラリイK, 東京)

主な作品所蔵先:七沢歯科医院(山梨)、和器出版株式会社(東京)、国際整体協会(東京)、聖和学園高等学校(宮城)、Cilindro(山梨)他多数。

主な建築作品 :一般社団法人 白川学館「祝殿」(山梨)、ロゴストンセンター(山梨)

shumiya art window

shumiya art window

お電話での お問い合わせ ご相談

0120-33-4382 受付時間 [甲府本店] 午前9時~午後7時まで  定休日 木曜日

メールでのお問い合わせ

店舗情報全店駐車場完備

敷島店は2017年をもちまして
完全閉店いたしました【 詳細はこちら

甲府本店【駐車場完備】

山梨県甲府市中央4丁目3番4号

9:00~19:00(木曜定休)

055-235-3838(代表)

アクセス・詳細

石和店

山梨県笛吹市御坂町成田1349

10:00~18:30(水曜定休)

055-262-0234

アクセス・詳細

開国橋西店

山梨県南アルプス市上今諏訪246-1

10:00~18:30(水曜定休)

055-244-2811

アクセス・詳細

ネットショップ

ご注文の受付は年中無休で承っております。

ネットショップを見る

全店舗でクレジットカード各種の
ご利用が可能です